コーディネイト

メンズファッション コーディネイト系統

アメカジ系
もともとアメリカの学生がよく着ていたファッションが日本で流行しました。今では定番化して長年支持されています。
お兄系
白パンツが特徴と言っても過言ではないほど着用率が高いファッションです。
きれいめ系
文字通り清潔感を売りにしたスタイル。流行りも取り入れつつ楽しめるのも強み。
モード系
完全にファッション上級者向けです。最新ブランドかつ細身で固めるスタイル。
ロック系
レザーライダース、細身のパンツでビシッと決めるスタイル。全体的に黒で仕上げることが多い。
ストリート系
スケーターなどが好むスポーティーなスタイルとされています。比較的ゆったりとしたスタイル。
サロン系
美容師に多いスタイルと言われています。重ね着、小物を取り入れて柔らかなイメージ。

レディースファッション コーディネイト系統

カジュアル系
幅広い年代に長年愛されているスタイル。きれいめカジュアルなど派生も多いのが特徴。
きれいめ系
男性のきれいめ系よりもさらに上品に仕上げたスタイル。
ギャル系
華やかな服が多く、ヘアカラーやヘアスタイルもメイクなども派手めなのが特徴。
お姉系
スカートなど女性らしさが伝わってくる服装。男性からの人気も高い。
ボーイッシュ系
少年っぽさが特徴のスタイル。Tシャツ、スニーカー、デニム、キャップなどがこれにあたる。

自分に合ったファッションを見つけるコツとポイント

ファッション自体が他人の先入観や勝手なイメージによって決められてしまう部分もあるので、基本的に似合う似合わないはありません。

つまり、自分が好きなブランドのアイテムや大型量販店、通販で購入できるアイテムで十分にファッションを楽しむことができるということになります。

その中で最低限、気をつけておきたいポイントがあります。

  1. サイズ感
  2. バランス
  3. 型崩れ

この4つだけ気をつければ特に問題ないです。

サイズ感、色、バランスの三つはファッションの基本なのでそれほど説明が必要とは思いませんが、型崩れに関して意外と無関心な方が多かったりします。

型崩れにも様々ありますが、代表的なのは衣類のシワとかヨレヨレ感です。

首周りのゴムの部分が伸びてしまってダルダルになってしまっていたり、洗濯後、きちんと干さずにシワシワになってしまったまま着ているなど自身のイメージダウンになってしまうので気をつけるようにしましょう。

首周りのゴムが伸びてしまう方は小さい頃からスポーツをやっていた方が多いです。プレイ中汗を拭く時に無意識にTシャツを伸ばしていたりします。バスケ、サッカーなどが代表的です。その他のスポーツをやっていた方も注意してみましょう。