30代ファッション

30代のファッションは今後の分岐点

30代前半であれば20代と大差ないファッションでも問題はありませんが、後半に差し掛かってくるとそうもいかなくなってきたりします。

運動不足や新陳代謝の低下でスタイル自体が崩れてしまう方が圧倒的に増えるからです。

今まで履けていたデニムが履けなくなった!お気に入りのTシャツがきつくなった!お腹がポッコリ出ていて見た目が悪い!というのは大抵の大人が経験することです。

若いうちから身体を鍛えていればいいのですが、仕事や育児で忙しくてそれどころじゃない!そんな方も多いです…。

また、奇抜なファッションや派手めのファッションもNGとなってきます。周囲から痛い目で見られてしまってはちょっと残念な人と思われるかもしれません。

子供の運動会でミニスカートを着用してきているお母さんがいましたが、「ミニが許される年齢ではないだろうなぁ」と周囲は思っていたりします…。

男性であればもともと細めのスタイル路線だったコーディネイトもややゆったりとしたカジュアル・アメカジ・きれいめ・ストリートなどが人気になってきます。

女性であればギャル系からは離れて産後であれば多くの女性がスタイル維持に苦労するのでゆったりとしたカジュアル・お姉・きれいめ・大人きれいコーディネイトが人気になります。

コーディネイトの特徴もシックなものが多くなり落ち着いたカラーを好むように。

全体的に見ても30代のファッションが一番難しいように感じます。30代をうまいことオシャレに乗り越えられると40代50代になってもオシャレに気をつけれる素敵な大人になれるのだろうなと感じています。